HDLコレステロールとLDLコレステロール

コレステロールには2種類ある

どうしても悪者のイメージが強いコレステロール。しかし、コレステロールは、私たちの体を構成する上で必要不可欠なものなんです。更に、コレステロールと一口に言っても、私たちの体内に多い方がよいコレステロールと少ない方がよいコレステロールとがあります。これが、よく耳にする善玉コレステロールとか悪玉コレステロールというものです。

 

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

 

コレステロールには、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールと悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールという2種類の物があり、それぞれ持っている役割が異なります。

 

HDLコレステロールは、血管内に溜まったコレステロールを集めて肝臓に運ぶ作用があります。つまり、私たちが気にしている血液中のコレステロールを減らしてくれる役割があるんですね。

 

逆に、LDLコレステロールは、肝臓のコレステロールを体の隅々に運ぶ作用を持っています。ということは、LDLコレステロールが多いと、血液中のコレステロールが多くなってしまい、動脈硬化の原因になってしまうということです。

 

HDLコレステロールは、私たちの体にとって良いことをしてくれるものです。だから、善玉コレステロールと呼ばれています。LDLコレステロールはその逆ですね。私たちの体に悪い影響を及ぼしているので、悪玉コレステロールと呼ばれています。

 

LH比は大事な指標

 

HDLコレステロールは、私たちの体にとって良い方に作用しますので、多い方が良く、LDLコレステロールは、悪い方に作用しますので、少ない方が良いです。

 

そして、この指標となるのが、LH比です。LH比は、LDLコレステロールとHDLコレステロールの比率ですので、LH比は低いほど良いというですね。単にコレステロール値を下げればよいということではなく、LDLコレステロールを下げて、HDLコレステロールを上げるということが大切なんです。